深セン中国語教室の人気No.1、「ビジネス.HSK&中検.英会話.日本語」、家庭教師.オンラインも展開

24時間受付中

19925377037

trail@fcflt.com

人気のコース

Gao
 
Gao
 
Gao
 
Gao
 
Gao
 
/intro/74.html
 
 
Gao
 
Gao
 
Gao
 
Gao
 
Gao
 

 

通学無料中国語体験レッスン

オンライン無料中国語体験レッスン

福創のビジネス中国語は、多くの法人企業様からも高い評価を頂いております

導入事例のご紹介

文化体験コース

ページビュー数:

中国文化体験コース


修身养性(おけいこ)

 

xiū shēn ěr jiā qí,jiā qí ěr hòu zhì gúo,gúo zhì ěr hòu tiān xià píng

修 身 而 家 齐,家 齐 而 后 国 治,国 治 而 后 天 下 平

 

修身而家齐—修养后才能管理好家庭和家族;躾を鍛えてから家庭や家族を守ることができる。

家齐而后国治―管理好家庭和家族后才能治理好国家;家庭や家族を守ることが出来てから国を治める

国治而后天下平―治理好国家后天下才能太平;国を治めてから世界の平和に繋がる
 

儒雅风貌:四道 (茶道、香道、花道、书道)
 

      八雅 (琴、棋、书、画、诗、酒、花、茶)


 

※ 中国茶文化体験レッスン

 

中国お茶を味わう 
    

一杯ごとに異なる、色、香り、そして味わい。飲むほどに、知るほどに、ますます奥深い中国茶の魅力に浸ってみませんか?

※ 中国書道体験レッスン  

中国の書道を学ぶ 
 

東方文化特有の芸術、書道。筆・墨・紙を使って、多彩なかたちを描き、見る人に「絵画」のような感動を与えてくれます。

※ 中国陶器文化体験レッスン  

中国の陶磁器を学ぶ 
 

南風古灶は中国で500年歴史の有名な陶磁器の故郷です。中国広東省の独特な粘土と炭火で造られた芸術品です。あなたも一緒に焼いてみませんか?

※ 中国生け花体験レッスン  

中国の生け花を学ぶ
 

中国の生け花は昔仏教と一緒に日本に伝えられたものです。現在中国ではいろんな流派があります。一緒に生けてみませんか?

 


中国はお茶の木の原産地です。中国は初めてお茶の葉を発見、利用しました。そして、日本は更に世界の独特な茶文化を育成しました。最初のお茶が文献に現れるのは三国志です。「呉の人、茶を採り之を煮る」との記述があり、お茶の発祥地といわれている雲南から野生の茶が四川省に伝わったものと思われています。西暦386年~535年頃に、お茶を製造し飲み始めました。中国のお茶は「唐の時代におこって、宋の時代に繁盛する」と言われます。唐朝にかけて本格的に飲み物として普及しました。お茶が中国全土から国外にまで知られるようになったのは、780年代唐代の中頃、文人陸羽が書いた「茶経」のようなものからです。「茶経」はお茶の古典といわれ、お茶の成長、用途、製造方法、製造道具、お茶の入れ方、茶道具など、当時のお茶の全てを解説した大作です。この書によって中国はもとより世界各国にお茶が知れ渡り、今日のお茶の繁栄になりました。これにより今日でも陸羽は「茶神」として祭られています。唐の時代になると、日本の最澄和尚は中国で仏教を学び、お茶の種を持って日本へ帰りました。その後、お茶の種が近江の周りに蒔かれ、嵯峨天皇の推奨でお茶の葉が日本全国で栽培されるようになりました。茶道といえば、多くの人は日本を連想すると思います。実は、中国では、「茶道」という言葉を唐代から千年以上を使ってきました
 

日本の茶道と中国茶道の区別

 

1.茶道の理解が違う

 

現在の中国人は「茶道」のことを「茶文化」と呼びます。中国人には「道」は完璧な思想学説と考えられ、それを宇宙、人生の法則と見なします。日本では、お茶には茶道があって、花には華道があり、剣術にも剣道があります。中国では、「茶道」はお茶を中立ちとして生活する中での礼儀で、精神修養の一つの方式だと思われています。そして、お茶を通して、友情を深くし、美しさに対する心を鍛えることが出来ると思われています。日本では、千利休が茶道の師匠になった後、「わび茶」は武士階層にも広まりました。その後、新たな精神世界を開いて、「お茶禅ひたすら」の精神を引き継ぎ、禅と結びつけ、茶道の正体に戻りました。茶道の心は「わび」の言葉で表現され、「静かに澄んで落ち着いた味わい」と言った意味になり、生活態度としては、「怒らず、つつましく」ということになります。また日本の茶道には、「一期一会」という精神もあります。  

 

千利休の四規は「和、敬、清、寂」、七側は日本の茶道の真髄と見られます。中国の茶文化にも「”以茶利礼仁”、“以茶表敬意”、“以茶可行道”、“以茶可雅志”」という言葉があります。これは「礼、义、仁、徳」という儒教や道教と結びつける考え方も含まれています。また、中国は「康、楽、甘、香,和、清、敬、美」を茶文化の真髄と理解しています。

 

2.お茶の入れ方が違う
 

茶葉の違いはお茶の入れ方の違いによります。例えば、中国の茶道で、通常、一回目は飲まずにすぐに急須からコップに注ぎ、それらを温め、残りは茶盤に捨てられます。これは「洗茶」と言います。この手順は日本の茶道の中では存在していません。また日本の茶道には、茶筅という道具があり、日本の茶道の独特な茶道具です。それを使って、お茶を泡立て、美味しくする重要なものです。泡立ての多少によって、稽古が上手かどうかが決まります。


3.茶道具が違う

中国と日本茶道具とはかなり違います。日本では、茶碗の造られた土地によって焼物の名前には、唐津焼・高麗茶碗・楽茶碗・美濃焼等があります。千利休が寂びの茶を発展させた為、日本茶道の茶碗は何気ない磁器の白碗を使用、地味素朴の自然を第一という傾向に向かっていきました。中国茶道の茶碗は主に紫砂茶器と磁器物二種類があります。

 

中国から伝わった茶の湯は、日本独自の発展を遂げ、日本の風土や日本人の心を最も理解する伝統文化としての茶道となりました。中国では、お茶は健康な飲み物として食後に欠かせませんし、人との付き合いの手段の一つとして茶文化が発展してきました。




 

 

華道は、日本では生け花、中国では插花(cha hua)と呼ばれています。華道は、四季折々の樹枝・草花などを切って花器に生け、その姿の美しさ、いのちの尊さを表現し観賞する芸術です。茶道などの他の諸芸と同様、礼儀作法を大切にする日本の伝統的な芸術です。華道は6世紀に中国の仏教の僧侶が仏前に花を捧げた供花(きょうか)がその起源で、16世紀ごろから盛んになったと言われています。現在華道の流派は、華道家元である池坊を中心に日本全国に2000~3000程あると言われています。自然の花を使って天、地、人の3要素をバランスよく表現するという考え方が基本です。

 

日本の伝統的な芸術として、生け花はただ技法だけではなく,生き方といった思想的なものにまで及びます。以下は日本の生け花のいくつかの重要な形式です。

 

①、立花(たちばな):

 

書院の壁において、飾る効用(こうよう)があります。意味は立っている花です。花材(はなざい)は松(まつ)や竹(たけ)や桃の花などです。立花は日本の生け花の核心(かくしん)的な存在です。将来の生け花の発展に大きな影響があります。


②、生け花

 

江戸時代の皇室(こうしつ)や貴族(きぞく)の中で流行していた芸術です。花材はすべて生け花、即ち、造花ではなく、自然の花です。花の新鮮を保つことができると言われています。生け花の花器は大地のシンポルです。特徴は高尚(こうしょう)で、美しいです。

 

③、投入花(なげいればな)

 

投入花は柱(はしら)にはっている花です。特徴は花の自然のままの形を保っていることです。

 

④盛り花(もりばな)

 

花器の中にあちこちに花をたくさん差し込みます。盛り花は革命的(かくめいてき)に生け花の形式を変えました。創始(そうし)者は小原云心(おはらうんこころ)です。 日本の花道でもっとも大切なことは、美を追う気持ちです。美を求める精神(せいしん)と技術が結びついて、生けた草花や木が初めて芸術作品として完成されたものになります。

 

中国の茶文化体験レッスン
 

日次

授業数   

内  容

初日

2コマ(90分)

中国語レッスン

2目

2コマ(90分)

中国茶の作法を学ぶ

3目

2コマ(90分)

中国語レッスン

4目

2コマ(90分)

中国茶の知識を学ぶ

5目

2コマ(90分)

お茶の市場を散策、茶器博物館を見学

 

中国の書道体験レッスン
 

日次

 授業数   

      内  容

初日

2コマ(90分)

中国語レッスン

2目

2コマ(90分)

中国書道の基本を学ぶ

3目

2コマ(90分)

中国語レッスン

4目

2コマ(90分)

中国書道の知識を学ぶ

5目

2コマ(90分)

自分なりの作品を完成

 

中国の陶磁器体験レッスン

日次

 授業数   

      内  容

初日

2コマ(90分)

中国語レッスン

2目午前

2コマ(90分)

佛山南風古灶を見学

2目午後

2コマ(90分)

工作室で陶磁器を作成

3目

2コマ(90分)

中国語レッスン

4目

2コマ(90分)

陶磁器博物館見学(深圳)



中国の生け花体験レッスン

日次

 授業数   

      内  容

初日

2コマ(90分)

中国語レッスン

2目

2コマ(90分)

中国生け花の基本を学ぶ

3目

2コマ(90分)

中国語レッスン

4目

2コマ(90分)

中国生け花の知識を学ぶ

5目

2コマ(90分)

自分なりの作品を完成



中国の切り紙細工体験レッスン

日次

 授業数   

      内  容

初日

2コマ(90分)

中国語レッスン

2目

2コマ(90分)

中国切紙細工の基本を学ぶ

3目

2コマ(90分)

中国語レッスン

4目

2コマ(90分)

中国切紙細工の知識を学ぶ

5目

2コマ(90分)

自分なりの作品を完成


スケジュール及び費用
 

期間

4日間~ ※ご希望を伺います。

参加費用

参加者人数よって異なります。お気軽にご相談ください。

開始日

毎日実施可能

実施都市

深圳・北京・広州      ※その他の地域も、お気軽にご相談ください。