深セン中国語教室の人気No.1、「ビジネス.HSK&中検.英会話.日本語」、家庭教師.オンラインも展開

24時間受付中

19925377037

trail@fcflt.com

人気のコース

Gao
 
Gao
 
Gao
 
Gao
 
Gao
 
/intro/74.html
 
 
Gao
 
Gao
 
Gao
 
Gao
 
Gao
 

 

通学無料中国語体験レッスン

オンライン無料中国語体験レッスン

福創のビジネス中国語は、多くの法人企業様からも高い評価を頂いております

導入事例のご紹介

ピンイン達人コース

ページビュー数:

ピンイン達人コース


ピンイン達人コース


ピンインとは、「pīn yīn」、漢字で「拼音」と書き、「中国語の発音表記法」のことで、簡単に言うと漢字の読み方をアルファベットなどで示した一種の発音記号です。日本語のひらがなで書いた読み仮名のようなものです。中国語の発音は、このピンインと、音の上げ下げを示す声調を使って表します。


中国語を学ぶ場合は、いきなり漢字だけを見て発音を覚えていくのではなく、まずはピンインを通してその漢字の発音を理解していきます。外国人に限らず、中国人も小学生のときに、ピンインを学習します。
 

ピンインは約400通りある(音節表)
 

中国語には日本語の「あいうえお」に相当する母音が21個あります。母音は単母音、二重母音、三重母音に大きく分けることができます。母音が24個と子音が23個あり、これらが組み合わさって、約400の音になります。400と言っても、すべてを丸暗記する必要はなく、母音と子音の組み合わせで出来ているので、基本の音を覚えれば組み合わせで発音できます。


なお、中国語の音節において母音のことは韻母、子音のことは声母と呼びます。


ピンインは約400通りある(音節表)
 

一、23個の子音(声母):舌の動きや息の出し方によって有気音、無気音その他に分ける

有気音—いきおいよく息を吐くようにして発音する音

無気音—息をとめて発音する音

その他  

唇音    b(a) p(a) m(a) f(a);

舌尖音   d(a) t(a) n(a) l(a)  

舌根音   g(a) k(a) h(a);

舌面音   j(i) q(i) x(i)  

引き舌音  zh(i) ch(i) sh(i) r(i)  

舌歯音   z(i) c(i) s(i)  


二、6個の単母音(单韵母):1つの音節の中に母音を1つしか含まないもの     

※ 単独で表すとき、表記が変化する3つの単母音       

i ⇨ yi     u ⇨ wu       ü ⇨ yu


三、9個の複合母音(复韵母):母音が2つ以上組み合わせて、切れ目なく発声されるもの    

・4個の三重母音(単母音+複合母音): 3つの母音が連続して切れ目なく、なめらかに発声されるもの。(iao iou uai uei)    

・子音と組んだときに変化する三重母音       

iou ⇨ iu    uei ⇨ ui


四、5個の前鼻母音:単母音+[ n ]で終わるものを鼻母音(びぼいん)

「n」でおわる鼻母音(an) 舌をベタッと上あごにつけ、鼻に抜ける音


五、4個の後鼻母音:単母音+[ ng ]で終わるものを鼻母音(びぼいん)   

「ng」でおわる鼻母音(ang) 口を大きく開けっ放しで終わる   

日本人には同じ「ン」に聞こえますが、中国語では完全に別な音ですので、きちんと違いを理解することが大切です。


六、16個の整体音:子音と母音を組み合わせて一つ音として発音されるもの
 


ピンインの読み方


☑基本的にはひとつの漢字の読み方はひとつ

中国語は基本的にはひとつの漢字に対して読み方(ピンイン)は一種類です。日本語の場合は、音読みと訓読みがあり、さらに幾通りかの読み方をする漢字がほとんどですよね。それに比べると中国語はとても単純です。複数の読み方がある漢字もありますが、それでも2~4種類なので、日本語にくらべるとカンタン!
 

日本語の読み

中国語の読み(ピンイン)

[音読み]アン[訓読み]やすい/いずくに/いずくんぞ

ān(アン)


☑日本人が苦手な読み方がある

ピンインが400種類あると言っても、日本人が苦手なピンインは決まっています。日本人が苦手な理由は、日本語では区別していない音だから。例えば、[an]と[ang]は、日本語だと両方「アン」になってしまいますし、[zhi]と[ji]は日本語では同じ「ジ」になってしまいますが、中国語では別の音として区別します。このような発音をマスターするには、口・舌の形を繰り返し練習して身体に染み込ませる必要があります。


四声(声調)について


ピンインを覚える方法は、実際に何度も口に出してみて「音の出し方」を身体に染み込ませる地道なトレーニングあるのみです。このピンインのトレーニングの前にまず、「四声(声調)」のトレーニングを行います。中国語の発音は、ピンインとともに、4つの音程の変化「四声(声調)」がとても重要です。中国語には1つ1つの音に、音程の上げ下げの調子がついています。このような調子が4種類あるので「四声」とも呼ばれます。声調が異なると、同じ音でも意味がまったく違ってきます。中国語では、すべての音に4つの変化があるのです。   

第一声:mā   第二声:má   第三声:mǎ  第四声: mà

ピンイン達人コース
 

<第一声>まっすぐに、わりと高めの音を出します。

<第二声>短くグッと上げるのがポイントです。

<第三声>最初から最後まで低い音で抑えるのがポイントです。三声は、「半三声」といって、下げた状態から上がらずに抑えるように出すことがほとんどです。最初から「半三声」で練習するのが効果的です。

※三声の変化

第三声が連続するとき、前の第三声は第二声に変えて発音します。声調符号の 表記はもとの第三声のままにしておき、発音するときに第二声に読みます。

(例) shuiguo (水果 くだもの)


ピンイン達人コース


うまくなる中国語発音トレーニング5つのコツ!!

 

具体的な勉強に入る前に、「より早く上達する」ための大切な5つのコツをお伝えします。

● アタマで理解してカラダで覚える    

  発音の方法(舌の位置や、唇のかたちなど)をアタマで論理的に理解し、繰り返し練習してカラダに覚えこませていきましょう。
 

● 発音トレーニングは大きな声で

  発音の方法(舌の位置や、唇のかたちなど)をアタマで論理的に理解し、繰り返し練習してカラダに覚えこませていきましょう。
 

● 声調と口の動きを強調す

  る日本語は抑揚がなく、あまり口を動かさなくても発音できる言葉です。ですから、練習の時にしっかりと口をオーバーアクションで動かしながら、声調の違いがはっきりわかるくらいにしていないと、知らないうちに日本語のクセがでてしまうのです
 

● 中国人講師から教わる  

  バイリンガル中国人講師より丁寧に発音を指導します。講師の唇や舌の動きを真似しながら自分の口の形をチェックして、トレーニングしましょう。